NEWS
お知らせ
15494128_667930483367219_254351330_n
12月のかぴばらアルバム 2016
LINEで送る

かぴばらこーひー、12月前半は冬休み。

カフェを充実させるために、自分の暮らしも大切にしたい。

その暮らしを、もっともっと充実させて、楽しむための冬休みです。

休みというと、いつもバリへ行ったり遠くに出かけますが、

今回の長い休みは、どこにも出かけない休みです。

秋からずっとこの日々を待ちわびていました。

18492754_1363717850376104_1337271246_n

ゆっくりと、自宅で温かいお茶を飲む朝。

それだけで幸せな気持ちに。

 

 

 

そして、一番楽しみにしていたのは、夫と過ごす時間。

普段なかなか出来ない、手間をかけた料理を作ろう!と、

大好きな餃子を作ってみることに。

DSC_4764

 

皮を包む小谷野氏。

DSC_4790

 

 

この皮も、岡山産の小麦粉で手作りしてくれました!

DSC_4740

 

 

 

具は、しいたけをいれて、お肉もひき肉ではなく、小谷野氏が叩いて細かくしたもの。

DSC_4757

皮を作っている小谷野氏と、その皮で具を包む私。

もう、飲んじゃおう!ってことで、ビール片手に、餃子作り!

期待しかない(笑)。早く食べたいです!

 

 

久しぶりの自家製餃子。本当に美味しかったー!

DSC_4776

包んで、焼けたらスタンバイしている食卓で食べる→この繰り返し。

真冬の寒い店内で、黙々と餃子を包んだり食べたりの、いい思い出。

 

 

 

そして、ずーっとやりたくて楽しみにしていたことその②。

自宅キッチンを、もっと可愛くしたい!

大工さんの馬場さんに作ってもらった棚をペイントして、少しリメイク。

17968649_1334470149967541_1614830968_o

塗装の前に綺麗に養生。

 

 

まずは表面に柿渋を。

17911017_1334470136634209_1270278124_n

 

17916571_1334470066634216_855630804_o

 

 

棚板には、お気に入りの壁紙を貼り付け、食器棚のリメイク完了!

清喜さんの水色のガラスとも相性バッチリです!

17973969_1334470183300871_1879296708_n

 

 

 

 

先日の餃子がとても美味しかったので。。。皆さんとシェアしたいと急遽企画しました。

夜のかぴばらこーひー『すあみいすとぅりー』インドネシア語で夫婦という意味です。

 

妹尾さんが、素敵な写真で思い出を記録してくれました。

15423630_667927326700868_1580976760_n

 

 

かぴばらの常連さんのS君が作ったラクリエさんの鞄と、

鳥毛清喜さんのグラスと、

北海道のシードル♡

15451170_667927796700821_489538615_n

 

 

こちらもシャンパングラス。

清喜さんのグラスをたくさん使えるのも、夜かぴばらの私の楽しみの一つ。

15424693_667927226700878_1634061804_n

 

 

丸瀬さんの自然栽培の金胡麻をたっぷり使った洋風の白和え。

15451191_667927430034191_760815883_n

 

 

viortのゆかりさんのレッスンで習ったソフリットをベースにした、白菜料理。

15424689_667927653367502_918127577_n

 

 

ノリランカさんの超絶美味しいヒラタケを出汁に使った豆腐のグラタン。

15417040_667927860034148_917426392_n

 

 

そして、メインは水餃子!

15494170_667928116700789_310012253_n

 

 

15424423_667927056700895_300527919_n

 

 

気心知れたお客様に囲まれて、とても楽しい夜でした。

15494128_667930483367219_254351330_n

片付けをする前に、ちょっと一息ついて、夫婦でカウンターに座って一杯。

これがまた楽しいんですよね。

 

 

 

もうひとつ、ずっとやりたかったこと。

DSC_4807

私がクリーンセンターでゲットした中古の自転車。

それをお洒落にリメイク!

 

 

ワイン箱に柿渋を塗って、我がかぴばら号に取り付け!

DSC_4809

カゴを変えるだけで、元の古さも味わいに変わり、すごく良い仕上がりに!

 

 

 

 

12月の夕方市は、超スペシャルメニュー。

食べた方のリピート率は120%!のベジバーガーを夕方市で作りました。

17974033_1334470189967537_716399392_n

夕方市に出店されている皆さんのお野菜をたっぷり使った、夕方市限定バージョンです。

実は、この夕方市へ向かう途中から、急に喉の痛みと、発熱。

夕方市の間に、さらに症状がひどくなり。。。

久々にこんなに辛い風邪を引いたわ、というくらいの悪さで、

喉からくる高熱で、痛みに加えて声も出ないしで、翌日は臨時休業とさせていただきました。

 

 

まだ風邪を引きずっている翌週。すごく体が冷えているのを感じていたので、

年末年始の営業の前に、しっかり風邪を治したい!と思い立って温泉に行くことに。

 

 

遠い場所だと行くだけで体力を消耗するので、松江へ。

暖かい部屋で、お部屋についている露天風呂に。

これなら、体を芯から温めて、ゆっくりと過ごせます。

とにかく、何にもせずにゆっくりとお部屋で休みました。

17974282_1334470123300877_1550066836_n

お部屋も、お料理も素晴らしく、

本当に芯から温まり、ゆっくりと寛ぐことができたので、この温泉治療は大成功!

12月の優しい冬の日差しに照らされた宍道湖がとても美しかったです。

松江で宿泊した宿 皆美館

 

ずっと行きたかったイマジンコーヒーさんへも行けたし、

気になっていた東風さんのお蕎麦も食べられたし、松江とっても良かったです。

今度は元気な時にまたショートトリップしたい。

 

 

そんなこんなで冬休みも終わり。

たくさんあると思っていた時間ですが、やりたいことは案の定全部やりきれぬまま。。

あっという間に終わってしまいました。

無事に、かぴばらこーひーの営業が再開して、新作のお菓子が登場。

ジンジャーレモンケーキ。

17965465_1334470146634208_186619741_n

上にかけたレモンカードが良いアクセントになっています。

 

 

 

 

そして毎年恒例の忘年会。

1年お世話になったかぴばらの仲間たちで、ジンギスカンパーティーです。

15748690_674305716063029_1025963420_o

私は、旭川生まれなので、このジンギスカン鍋は必需品です!

 

 

ノリランカさん夫妻が美味しい!と太鼓判の生ラムを取り寄せてくれました。

これが本当に美味しい!絶品です!

15725724_674304902729777_2005037515_o

 

 

そして、忘年会に欠かせないビール。

父の故郷でもある富良野産のホップを使ったビールを探してお取り寄せ。

15713357_674305059396428_702087148_n

 

 

 

ノリランカさんのお米で握ったおにぎり。

15725804_674304519396482_1871071670_o

タレをつけたジンギスカンとの相性は、もう♡♡

 

 

 

そして、こちらは素晴らしいきのこたち。これもノリランカさんのところで採れたもの。

15748298_674305199396414_322328523_o

 

15748689_674304506063150_860551236_o

 

 

 

1年の思い出を振り返り、大切な人たちと囲む食卓のなんて豊かなこと。

15748139_674304746063126_387760264_o

 

 

最後は、当日参加できなかったシロちゃんが焼いてくれたケーキでみんなでデザートタイム。

15725818_674305326063068_1562593759_o

毎年恒例になりつつある、かぴばらでのジンギスカン忘年会。

あまりのお肉の美味しさに、また来年もやろうと皆で決めました。

いつも綺麗な写真で思い出を残してくれる成ちゃん、ありがとうー!

 

 

 

 

 

東京時代は、年末年始のまとまった休みはバリで過ごすことが多かったので、

お節を一回も作ったことがなかった私ですが、

今年はアンソロジーの詩子さんの料理教室に参加して、

おせち料理を教わったこともあり、

作ってみよう!と思いました。

 

どんなものを作るか考えたり、何日からどれをして…など、

そんな計画を考えるのも、また年末ならではの空気でとても楽しかったです。

お店が開いてから三回目のお正月。

やっとこういう余裕ができてきたんですね。それも嬉しい。

 

 

詩子さんに習った蕪のお寿司を作ってみました。赤カブがとても綺麗な色。

17909405_1334470073300882_1379245021_n

 

18516015_1363717853709437_1116848676_n

 

 

 

大晦日の夜は、地元のおじさま達が手打ち蕎麦をするので、

毎年そちらの美味しいお蕎麦を年越しそばでいただきに行きます。

そして、帰ってからお正月用に作ったお節を少しずつ盛り付けて、軽く一杯。

18516365_1363717857042770_1939569818_n

 

 

 

 

18554742_1363717907042765_1975613443_n

夫と二人、今年の楽しかった出来事をあれこれと思い出し、

御前酒さんの限定酒の引き抜きとワインを楽しみつつ、

無事に幸せに過ごせた2016年に感謝して、

新しくやってくる2017年にもたくさんの幸せが降り注ぐ事を願いながら、

穏やかに過ごした大晦日でした。

 

 

 

 

1月のかぴばらアルバムに続く。