26655162_10214915964506191_1856898266_o
勝山と岡山で開催!アイヌの音楽 OKI Recpo
LINEで送る

OKIさんとRecpoさんが勝山にやってくる!

1月26日(金)の夜は、素晴らしいライブになることな違いなし!

是非是非ぜひぜひ!勝山文化往来館『ひしお』にお越しくださいませ。

★かぴばらこーひーでも、勝山公演の前売りチケット発売中です!

 

2018年1月26日(金)@勝山文化往来館「ひしお」

18:30 open

19:00 start

場所:真庭市勝山162-3、0867-44-5880

http://hishioarts.com/

前売 2500円 当日 3000円
中高生1000円、小学生以下無料

バリ舞踊のライブではありませんが、夫の小谷野哲郎が演奏で出演します。

かぴばら店長は、当日受付やCD販売のお手伝いをしておりまーす!
26610386_10214915964586193_686650816_o

26655162_10214915964506191_1856898266_o

 

 

 

 

 

OKI & Rekpo LIVE!
Juking Music presents アイヌの音楽

カラフトアイヌの弦楽器トンコリの第一人者、OKI DUB AINU BANDを率いるOKIと、アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動する女性ヴォーカルグループMarewrewのリーダーRekpoが紡ぎ出すアイヌの響き。

 

出演:OKI & Rekpo
ゲスト:小谷野哲郎、ハブヒロシ

 

2018年1月26日(金)@勝山文化往来館「ひしお」
真庭市勝山162-3、0867-44-5880
http://hishioarts.com/
18:30 open 19:00 start
前売 2500円 当日 3000円
中高生1000円、小学生以下無料

 

 


27日(土)@䕃凉寺
岡山市北区中央町10-28、086-223-5853
18:30 open 19:00 start
前売 3000円 当日 3500円
中高生1000円、小学生以下無料

 

 


30日(火)@有漢町公民館多目的ホール
18:00 open 18:30 start
前売 2000円 当日 2500円

 

 


予約・問い合わせ
ジュクン・ミュージック:jukung@me.com、080-4195-1811(全公演、担当:コヤノ)
䕃凉寺:inryoji@mac.com、086-223-5853(䕃凉寺公演、担当:篠原)
金ノプロペラ舎:kinnopuroperasha@gmail.com、090-2694-2453(有漢町公演、担当:ハブ)

 

【出演者紹介】

OKI
カラフトアイヌの弦楽器トンコリの第一人者、サハリン、中央アジア、中東、南米、ヨーロッパへとトンコリの源流を探る旅に出て20年。Oki Dub Ainu band はフランス レンヌ トランス ミュージカル
フェス 2017では参加116組のベスト3に選ばれた。

 


Rekpo レクポ
旭川生まれ
アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動する女性ヴォーカルグループMarewrewのメンバー。
12年8月には、待望のフルアルバム「もっといて、ひっそりね。」をリリース。現代的なアレンジを織り込みつつも伝統的なウポポの魅力を凝縮した作品は、各方面で高い評価を受けた。 2016年4月にはファースト・ミニアルバムを全て最新録音し、ボーナストラック4曲を追加した「Cikapuni(チカプニ)」をリリース。2016年秋に放送のNHK (Eテレ)「オトナの一休さん」の音楽を大友良英のプロデュースで担当。

http://www.tonkori.com/

 

 

 

小谷野哲郎
東海大学音楽学課程在学中よりバリ島のサウンドスケープ研究の傍ら、バリ舞踊を始める。同大学院修了後、1995年よりインドネシア政府給費留学生としてバリに留学。
帰国後、プロのバリ舞踊家として活動を開始。バリの仮面やガムラン音楽、影絵を駆使しながらも、バリの枠にとらわれずに国内外で様々なジャンルのアーティストたちと公演活動やワークショップを展開。役者としてもコンテンポラリーの舞台などで活躍。近年では岩手県遠野市の早池峯神楽の舞手としても活動している。
バリガムラン芸能集団「ウロツテノヤ子」、影絵ユニット「ウロツテノヤ子バヤンガンズ」主宰。日本インドネシア芸術文化交流オフィス「ジュクン・ミュージック」代表。

 

 


ハブヒロシ:遊鼓奏者
セネガルの人間国宝ドゥドゥ・ンジャエ・ローズ・ファミリーや、インドネシアの国立芸術大学など、世界各地の音楽を学ぶ。長年の模索を経て2012年、自作の太鼓 「 遊鼓 」 が生まれる。
新たなる活力・遊び・神話を再び生み出すハイパークロスなチーム「 金ノプロペラ舍 」代表。
遊鼓を叩き世界を冒険する「遊行遊鼓」や、自ら開発した「 宇宙飛行暦 」の制作、「丹田呼吸法」の伝承、「打っただヒカル」など造形活動の他、小水力発電や山里の活性化など超横断的な活動をしている。

主催:ジュクン・ミュージック
共催:金ノプロペラ舍
助成:福武教育文化振興財団