13474216_1037228033025089_572456712_n
2016.06.19  ブログ
かぴだんなの、サンフランシスコの空はやっぱり青かった!報告
LINEで送る

みなさん、こんにちは。

かぴばらこーひーのレアキャラ!?かぴだんなです。

 

 

 

先月のことになりますが、サンフランシスコに行ってきました。

何をしに行ったかと言えば、そう、これです!

じゃじゃーん!

13467591_1037228029691756_1237993870_o

 

今年の2月に勝山でも公演して大好評だった

「注文の多い料理店」のサンフランシスコ公演。

サンフランシスコ国際芸術祭のオープニングに選ばれ、

ポスターにも、どどん!と写真が使われています。

 

 

 

 

 

日本からソウルを経由して到着したのは現地時間の午前10時45分。

日本を出発したのが同じ日の昼12時30分なので、

ほぼ丸1日得した?ことに。

 

到着時の気温、摂氏30度。

サンフランシスコでは1年に数回あるかないかの暑い日。

 

 

でも、移動と時差で疲れた身体には心地の良い暑さ。

サンフランシスコはいつも乾燥しているので、

暑くとも爽やかな空気に真っ青な空で、

皆の疲れもふっとびます。

 

13467574_1037228023025090_627739101_o

 

 

 

「注文の多い料理店」は、3人のパフォーマーで、小道具なども最小限、

どこでも手荷物で移動して公演できるようにとのコンセプトで作っている作品なので、移動も楽チン。

 

 

空港で荷物を全部回収したあとは、スーパーシャトルという、

空港送迎用の大型タクシーのような車で劇場へ直行。

 

 

今回公演するのは、フォート・メイソン・センターという、

元々はその名の通りFort=砦、海軍基地だったところをアートセンターにしたところ。

実は、2014年1月にも、かぴだんなは影絵の公演でここに来ています。

 

懐かしくあたりを見回しながら、

まずは劇場内に荷物を運び入れます。

 

13472211_1037228026358423_1540701658_n

 

 

この場所、サンフランシスコの北海岸に面しているのですが、

ということは、そうです。

かの有名な金門橋、

ゴールデンゲート・ブリッジが目の前に見えるのです!

 

 

 

そんな景色にもまた一段とテンションの上がった一行は、

時差ぼけもなんのその。

搬入を済ませてセンター内のカフェでようやくお昼ご飯。

 

 

この、コーヒーの香りとターキーのサンドイッチで、

あぁ、サンフランシスコだ!とまた懐かしく思う。

 

 

僕は、2006年にアメリカの芸術財団の助成金をいただいて、

4ヶ月ほどアメリカに滞在していたことがあり、

そのときにサンフランシスコにのべ2ヶ月ほどいたのです。

 

13480138_1037228049691754_192205665_n

 

さて、食事を終えたら、初日は終了。

 

 

移動疲れを癒すべく、

それぞれの宿泊場所を目指して解散です。

 

今回はそれぞれの知り合いや主催の方のご友人などにお世話になり、

みなバラバラにホームステイ。

 

 

 

僕はサンフランシスコの定宿!

 

2006年にもしばらく滞在し、

その後もサンフランシスコに来るたびにお世話になっている、

影絵監督のラリー・リードさんのお宅に今回もお世話になります。

13479838_1037228046358421_98865070_n

 

僕が今、日本の各地で展開している影絵のプロジェクトはそもそも、

このラリー・リードさんと出会い、

影絵の手法を習ったことから始まったもの。

 

 

2014年にサンフランシスコで公演したのも、

2010年からアイヌのアーティストであるOKIさんとラリー監督と共に制作した、

アイヌの神話を影絵作品にした「ポロ・オイナ 〜超人アイヌ・ラックル大伝〜」でした。

 

 

さてそのラリー監督とは妙にウマが合うのですが、

その最も重要なポイントが、これ。

 

 

 

そう、オイスター!!!

13441679_1037228053025087_660906075_o

 

 

 

2006年にラリー監督の家に滞在させてもらっていた間、

唯一4回以上行ったのが、

フェリービルディングにあるオイスターバー。

 

ふたりでオイスター3ダース36個を白ワインと共にペロリと平らげ、

今思えば、このときより僕のオイスター好きが始まったのです。

 

 

 

今回も、僕が家に着くなり「今日の予定はどうだ??」と聞くラリー監督。

座骨神経痛が治りきらないままサンフランシスコに来ているので、

セラピストの方に来てもらう時間を告げると、

「ならまだ大丈夫だ!オイスターを食べに行くぞ!」と、

さっそく拉致される始末。

 

 

 

いつものオイスターバーではなく、

魚屋さんの一角で食べることもできるようなお店で、

ラリー監督曰く「僕のシークレットプレイスのひとつ!」とか。

 

さすがに新鮮な牡蠣は、美味しかった!!

 

 

家に戻り、セラピストの方に施術していただいた後は、

監督と奥さんのジェーンと3人で近くのフレンチ・レストランへ。

 

 

監督の家はミッション・エリアという、

サンフランシスコ随一のグルメエリアにあります。

最近は、かの有名なFBのMZ氏も引っ越してきました。

13445972_1037228059691753_534527750_o

 

そんなエリアにいるものだから、

美味しいものが大好きのラリー監督も僕も、

今日はどこに食べに行こうか?というのが

会話の半分を占めていると思われ(笑)

 

 

 

そして今日は珍しいグアム料理店(!?)に行くはずが、

停電のため急きょ変更。

行きつけのフランス料理店になりました。

美味しいステーキをいただいて、

サンフランシスコ1日目の夜は更けていくのでありました。

 

13441575_1037228073025085_482565173_o

 

 

 

 

つづく