BLOG
ブログ
Image 2016-01-20 at 18.46
2016.01.20  Bali
Baliのコーヒー屋さんレポート MANGSI COFFEE編 1/21住所更新
LINEで送る

※この記事は、HPができる前のエキサイトblogのものです。
2015/3/20の記事です。
かぴばらこーひー店長のバリレポート。
MANGSI COFFEE編
バリ島のコーヒー屋さんを紹介しますね。去年からずっと気になっていたデンパサールのコーヒー屋さん。
サヌールからパルティニ先生の自宅に向かう途中いつも通る道にあるので、
いつか行ってみたいと思っていました。
住所
Jalan Hayam Wuruk 195
Bali INDONESIA
(ジャラン・ハヤムウルックのバリベーカリーより、すこしサヌール寄り)店内の雰囲気。
現在はRenonの方に移転
https://www.facebook.com/Mangsi-Coffee-Bali-1398140210402264/

実は、ここの店舗の雰囲気に、かぴばらこーひーは、ちょこっとインスピレーションをもらってます。

反対側は交通量の多い、ハヤムウルック通り。
バイクも車もびゅんびゅんしてます。
これぞデンパサール!という感じです。

私が注文したのは、以前ガムランの「ウロツテノヤ子」のメンバー、
なみへいちゃんに教えてもらった、コーヒーとスパイスを合わせたオリジナルコーヒー。

この4種類のなかから、私が選んだのはVitalitiy。
練習の前だったので、なんか元気が出そうな気がして。

コーヒーに、生姜・シナモン・ココア・丁子・コリアンダーのスパイスが入ったものです。さあ。来ました!
どんな風に淹れたコーヒーをスパイスと混ぜてあるのか・・・
エスプレッソを使っているのか?
バリ島ではあんまりポピュラーではないけど、ペーパーフィルターを使っているのかな?
とか、未知のコーヒー体験にわくわくです。

来たのは、バリコピスタイルのコーヒーでした。
なるほど。そうか!そう来たか!という感じ。

バリコピスタイルとは・・・
バリでは、一般家庭でコーヒーを飲むときは、極細に挽いたコーヒーをお湯で溶き、コーヒーの粉が沈むまでしばらく待ち、その上澄みをいただくのです。
これが、バリで飲むと不思議とバリの空気と合い、とっても美味しいのです。
ちなみに、バリのコーヒーはしっかり砂糖が入っていることが多いです。

 

 

MANGSI COFFEEのVitalityは、
バリコピスタイルで淹れたコーヒーに、スパイスが合わさったものでした。

一口飲んでみると、
バリコピのコクとスパイスの風味が混ざり合い、
丁子とココアから自然の甘みが出ていて、
とっても美味しかったです!

 
バリにあるスパイスを使用していることもあり、
とってもコーヒーの風味に溶け込んでいて、
自然な美味しさでした。

優しい甘みを感じたので、思わず店員さんに「お砂糖は入っていないですよね?」と確認してしまうほど。

 

 

これはいい!
これをヒントに、かぴばらこーひーでスパイスと合わせた新メニューを開発しようと思うような、新しい出会いでした。
教えてくれたなみへいちゃん、本当にありがとう!

 

 

 

すっかりMANGSI COFFEEが気に入ってしまい、
翌日は練習のあとにアイスコーヒー。

とっても美味しくて、コーヒーの品質も明らかに一般流通しているバリコピより高いことが分かるのですが・・・、
残念ながら注文したBlack Iceには、もとから砂糖が入っていました。
砂糖を入れずに、コーヒーのダイレクトな風味を確認したかったです。ちょっと残念!
でも、2時間練習して大汗をかいた私の体に染み入る美味しいコーヒーでした。

コーヒーのメニューはこんな感じです。
冷たいドリンクたち。

温かいドリンクたち。

それぞれのメニューの絵もとてもおしゃれにセンス良くデザインされていて、とっても素敵だなと思いました。

 

 

コーヒーの抽出方法が選べるものもありました。
次はこちらも試してみたいです。

豆売りのデザインもユニーク。
誰の真似でもない、こういうオリジナルのデザインがとってもセンスが良くて、オーナーさんのこだわりが溢れていて、とってもいいカフェだなと思います。

以上、バリ コーヒーレポート その1
MANGSI COFFEE編でした。